学会誌『障害法』-オンラインジャーナル-

学会誌『障害法』

障害法03号
  • オンラインISSN 2435-8002
  • 冊子版ISSN 2435-967X:ISSN-L 2435-967X

『障害法』は、日本障害法学会の学会誌です。年1回刊行しています。前年度の研究大会での報告内容のほか、査読論文も掲載しています。

以下の号数タイトルをクリックすると学会誌のPDF版がダウンロードできます。

第3号(2017年11月) PDF版 

  • 内野正幸「障がいのある生徒たちの「教育を受ける権利」について」
  • 織原保尚「アメリカにおける障害のある子どもの教育―障害者教育法と無償かつ適切な公教育(Free Appropriate Public Education)」
  • 長瀬修「シンポジウム要録」
  • 棟居快行「権利としての生存権再考―生存権ver2=合理的配慮請求権を生存権に逆輸入する試み」
  • 新田秀樹「障害法(学)における生存権の意義と機能」
  • 良永彌太郎「コメント」
  • 竹下義樹「シンポジウム要録」
  • 星野圭「「安永健太さん死亡事件」を振り返る」
  • 矢田陽一「佐賀安永訴訟」
  • 小西知世「JR東海事件」
  • 西田玲子・星加良司・飯野由里子「旅行業における「同伴者の同行」という条件付与の不当性 ― 障害者差別解消法の課題」

第2号(2018年11月) PDF版 

  • 尾形健「障害差別禁止の法理―憲法学の側から」
  • 小西啓文「障害者雇用における差別禁止法理―ドイツ法を参考として」
  • 今川奈緒「適切な教育の個別化とインクルーシブ教育―子供の状況に応じた適切な教育の保障」
  • 保条成宏「生命の刑法的保護と障害者―ドイツと日本における優生思想の展開に着目して」
  • 内田博文「責任能力概念の再構成」
  • 大曽根寛「相模原障害者殺傷事件と社会福祉法制上の論点」
  • 石埼学「精神障害者と憲法―精神保健福祉法を中心に」
  • 藤岡毅「判例報告 鈴木訴訟」
  • 長岡健太郎「判例報告 和歌山石田訴訟・和歌山ALS訴訟」
  • 原田啓一郎「判例研究 鈴木訴訟・石田訴訟」
  • 大胡田誠「判例報告 学校法人原田学園事件」
  • 長谷川珠子「判例研究 学校法人原田学園事件」

創刊号(2017年11月) PDF版 

  • 河野正輝「日本障害法学会設立の辞」
  • 東俊裕「日本障害法学会設立に寄せて」
  • 河野正輝「『新たな社会法』としての障害法」
  • 浅倉むつ子「障害を理由とする雇用差別禁止の法的課題」
  • 新井誠「成年後見制度利用促進法の施行と成年後見制度の展望」
  • 川島聡「転換期の障害法」
  • 池原毅和「障害法をめぐるいくつかの基礎的論点」
  • 佐藤豊「情報へのアクセスに対する社会的障壁と著作権制度」
  • 西田玲子「合理的配慮に『配転』は含まれるのか?」

PDF形式のファイル閲覧にはAdobe Readerが必要です。

Adobe Readerのダウンロード
Adobe Readerのダウンロード(別ウインドウで開きます。)


PAGE TOP