「障害法」第2号

2018年12月12日 お知らせ, 学会誌のご案内

学会誌「障害法」第2号が刊行されました。目次は下記の通りです。学会誌の頒布を御希望の方は事務局までお問い合わせください(1部2000円)。

特集1 障害差別禁止の法理

尾形健「障害差別禁止の法理―憲法学の側から」

小西啓文「障害者雇用における差別禁止法理―ドイツ法を参考として」

今川奈緒「適切な教育の個別化とインクルーシブ教育―子供の状況に応じた適切な教育の保障」

特集2 相模原障害者殺傷事件と障害法の課題

保条成宏「生命の刑法的保護と障害者―ドイツと日本における優生思想の展開に着目して」

内田博文「責任能力概念の再構成」

大曽根寛「相模原障害者殺傷事件と社会福祉法制上の論点」

石埼学「精神障害者と憲法―精神保健福祉法を中心に」

判例研究① 鈴木訴訟・石田訴訟

藤岡毅「判例報告 鈴木訴訟」

長岡健太郎「判例報告 和歌山石田訴訟・和歌山ALS訴訟」

原田啓一郎「判例研究 鈴木訴訟・石田訴訟」

判例研究② 学校法人原田学園事件

大胡田誠「判例報告 学校法人原田学園事件」

長谷川珠子「判例研究 学校法人原田学園事件」

 


PAGE TOP